2月を振り返る

思い立ったが吉日。
4月は始まりの月。
気持ち新たに何かを始めるにはうってつけだ。
いよいよ新元号も決まった。
これにもかこつけて新しい自分を目指すのも良い。
そのための振り返りをしておきたい。

 

 

 

2月を振り返る

 

一、アウトプットを意識する


以前に有料登録していたNewsPicksを自分なりにアウトプットしていくことにした。
これまではただ読んだものをシェアしていた。
せっかくだからコメントしないとな程度には思っていたものの気が引けていた。
気が引けていた理由は、記事に対するコメントがどれも本格的な方々ばかりのものなので、無知なコメントを晒すのもどうかなと思ったからだ。
でもそれをやめた。
自分が何を見てどう思ったのかを発信することにした。
面白いものは面白い。
おかしいものはおかしい。
わからないものはわからない。
そもそも誰かが見ているだなんて自意識過剰極まりない。
発信の積み重ねにこそ自分の知見を高めるコツがあるのではないかと考えたからだ。

 

二、時間の使い方を工夫する

 


新しく始めたいことがいくつかあった。
時間をいいわけにしていつまでも手付かずでいた。
たまたまYouTubeホリエモンチャンネルを見ていたら「時間割作ったらいいんだよ」と話していた。
単純なことながら衝撃が走った。
なんでこんな簡単なこと思いつかなかったのだろうか。
すぐにスケジュールに時間割を作った。
そしていくつかの新しいことを始めた。

 

三、36歳になった。

 

四、格闘技をかじる

 

1年近く通っていたエニタイムフィットネスを辞めてゴールドジムに移籍した。
プール、風呂、格闘技のジムまで付いていて月1万程度。
ずっと格闘技のジムに通いたかった。
そうすると、通常のジムと支払いが二重になるのでどうしたものかと思っていたのだけど、これで解消された。
夏場は区民プールに通っていたのだけどそれも必要なくなった。
今のところほぼ毎日通うようにしている。
快適だ。

 

五、本を書いてみようと思い立つ


前々からぼんやりとやってみたかった執筆を少しずつ始めるためにこのnoteを開設した。
下書きは山ほどできたが自分の中で公開に至らない。
これを公開して何が面白いのだろう?とひとりで勝手に葛藤している。
質が大事なのか?
それともとりあえず量産することが大事なのか?
とりあえず手が止まっている。
おそらく優先順位が高くないのだ。